インプラント総合情報サイト-インプラントドクターズ-

  • HOME
  • インプラントドクターズとは
  • PICK UP DOCTORS
  • SPECIAL
  • Q&A
  • CONTACT

HOME > SPECIAL[特集] > 年間1000本以上のインプラント症例実績 国際口腔インプラント学士会・ディプロメイト

SPECIAL[特集]

special01  テルミナインプラントセンター歯科/鳥村 敏明先生

年間1000本以上のインプラント症例実績国際口腔インプラント学士会・ディプロメイト

(日本全国でもわずか数十名しか与えられていない資格です)

歯やインプラントを残す為に、どんな歯科医を選べば良いか

詳細はコチラ

check1
インプラント歯科医が各種学会・スタディグループに入っていて勉強熱心で症例発表を行っている。特に海外のインプラント関連学会に出ようとするインプラント歯科医はよほど熱心でないと、費用がかかりますので続きません。そういう歯科医は良いインプラント治療と指導を行うためにお金をかけているのです。
check2
口腔内写真・レントゲン写真・CTスキャンなど多くを撮影し、正確なインプラント治療診断を行う。資料は専門家学会での発表でも使用される。
check3
予防・ブラッシング指導・メンテナンスなどインプラントの維持指導に時間と回数をかける。1年後に来てくださいというのではだめです。30才以上の方なら誰でも程度の差はあれ歯周病が有る。 歯肉の下の根の表面に菌が膜(バイオフィルム)を作る。歯のルートプレーニング(根のお掃除)をしても1週間で菌がついてくる。1ヶ月でバイオフィルムはかなり厚くなる。だから通常は1ヶ月に1度のメンテナンスをお勧めする。
check4
禁煙指導を行う。
タバコは口腔の微細血管に影響し血液循環を悪くし、細菌に対抗する白血球の動き・働きを悪くする。
タバコは歯とインプラントに大変悪いので、止めるべきだ。
check5
歯科医も器用な方が良いが、少なくともインプラント治療が雑なのはいけない。
時間が多少かかっても丁寧なほうが良い。ただしインプラント治療の内容は分かりにくい。 みなさんが納得できる説明をする歯科医を選ぶべきだ。

現在年間1000本以上のペースで埋入オペを行っているインプラント専門医です。
インプラント治療を行うにあたって

詳細はコチラ

  • 年間1000本以上のペースでインプラント埋入を行っているインプラント専門医・インプラント認定医。
    インプラント治療を行うにあたっては患者さんのお考えを第一にお聞きしてご希望を優先。無痛治療・なるべく短時間で済むオペに心掛け、患者さんの治療に関わる負担軽減を考え続けています。もう入れ歯の時代ではありません。歯科治療の常識は実績です。
  • インプラント手術オペは腫れない・痛まない・経過の良いインプラント治療を心掛けています。
  • 世界的な実績と信頼のある、経過の良いインプラント種類を採用し高成績を上げています。
  • インプラントの種類は多くありますが、Straumannを中心にXive・Ankylos(共に特殊用法)、Replaceと言う世界でも高い採用比率と信頼正の高いインプラント体を採用しています。
  • 正確で安全・安心なオペを行うために治療前カウンセリングと診査には特に力を入れています。
  • 患者さんに優しいオペ - Minimally Invasive Implant Surgery(最小限の侵襲のオペ)。出来るだけ小さな切開で術後痛くない、腫れないオペです。
  • インプラント専門医院ですので通常の歯科医院では使用していない、インプラント器具を劣化させない最新型インプラント専門機器や滅菌器を使用しています。
  • オペ当日・翌日からリンゴくらいの硬さの物を咬むことが出来る仮ブリッジ・仮歯を入れられます。また、抜歯+インプラント埋入+骨造成+仮歯を1日で行うことも出来ます。
  • 患者さんに優しい最新デジタルレントゲンを導入。従来比1/6の低被爆線量です。更に、患者さんに優しい最新歯科用CT(最も正確に計測出来るフラットパネル採用)導入。
    医科用CT比1/8の低被爆線量です。
  • 治療にはプライバシーを重んじるアメリカ・ヨーロッパスタイルの専用個室を採用。

オペを「短時間で」「安全に」「正確に」「3D・X線CT・AIfhard」を導入

詳細はコチラ

インプラント歯科医が各種学会・スタディグループに入っていて勉強熱心で症例発表を行っている。特に海外のインプラント関連学会に出ようとするインプラント歯科医はよほど熱心でないと、費用がかかりますので続きません。そういう歯科医は良いインプラント治療と指導を行うためにお金をかけているのです。

しかし、優れた医科用CTにも少し欠点がありました。それは「1歯か数歯でも顎全体を撮影するために、X線の線量が無駄に多くなる」という問題でしたが、数年前に「3DX歯科用小型CT」が日本で開発され、世界的に話題になりました。 この「3DX歯科用小型CT」は当初横4cm・縦3cmの範囲で撮影され、非常に解像度が高い画像でした。医科用CTより細かく分析できた上、X線の線量も非常に少なく、撮影費用も安価だというメリットがあったので、歯科の大学病院でずいぶん多く撮影していただきました。その結果として、安心・安全なインプラントのオペを行うことができたわけです。

私のクリニックでは、もっと大きなケースにおいては医科用CTも併用して分析していましたが、2006年11月からは院内に「3D・X線CT・AIfhard」を設置しました。当院ではインプラント専用として使用していますが、その特徴は

  1. 1: X線線量が医科用CTの約1/8で、患者さんに優しい低被爆線量CTである。
  2. 2:これまでの多くの歯科用CTが、X線の受像を曲面で行って平面にコンピュータ補正して画像を得ていたのに対し、当院のCTはFPD(フラットパネルディテクタ)つまり補正なしの平面受像で歪みのない非常に鮮明な画像が得られる。
  3. 3: 現在歯科用CTでは世界最大のFPDとして、1歯から上下全顎におよぶケースまで、全ての設定と対応ができる。
  4. 4: 夕方・土曜日・祝日など、いつでも撮影できる。
  5. 5: 1〜3歯くらいのケースなら撮影後30分以内に分析・説明ができ、その画像の資料を渡すことができる。
  6. 6: 費用が比較的安価である。
など多くの利点があります。 細菌では大学の放射線科にも同様の機種が設置されました。インプラントをめぐるテクノロジーの進化のスピードには、目を見張るものがあります。

テルミナインプラントセンター院長紹介

  • ■院長
  • 鳥村 敏明 / 博士 (歯学)
  • ■経歴
  • S47 愛知学院大学歯学部卒業
  • 同年 愛知学院大学歯学部口腔治療学研究室入局
  • 同年 鳥村歯科医院開設v
  • H12 テルミナ歯科クリニック移転開設
  • H14 テルミナ審美&インプラントセンター設立
  • ■所属学会
  • ICOI International Congress of Oral Implantologist(国際口腔インプラント学士会)
  •          DIPLOMATE(指導医)FELLOW(認定医)…世界最大のインプラント学会
  • AO    Academy of Osseointegration …アメリカで最も有名なインプラント学会
  • EAO  European Association for Osseointegration …ヨーロッパで最も有名なインプラント学会
  • ITI member …日本の研究機関・認定医の60名の中の一人として推選されました。(日本の歯科医は約6万人おります)
  • ALD  Academy of Laser Dentistry(レーザー歯学会)…国際的レーザー学会
  •          ヤグレーザーCategoryII(認定医) …アメリカでは開業医がどうしても取得したいと望んでいる資格
  •          ダイオードレーザーCategoryII(認定医)
  • ALL Japan ICOI
  • 日本口腔インプラント学会 認定医
  • 日本歯科保存学会
  • 日本臨床歯周病学会
  • 鶴見大学口腔顎顔面インプラント科研修会
  • ■スタディグループ
  • 東京形成歯科研究会
  • ■ボランティアグループ
  • 日本口唇口蓋裂協会

テルミナインプラントセンター
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-2 テルミナ8階(名古屋ターミナルビル)
松坂屋ナゴヤエキ店上 メディカルプラザ内
TEL:052-86-0007
営業時間:
月〜金…10:00〜19:00/土・祝日…10:00〜17:00まで/木曜日・日曜日は休診
アクセス:JR名古屋駅 桜通口・地下鉄名古屋駅 いずれも 徒歩1分
URL: http://www.termina-implant.com/

BACKNUMBER

インプラント治療とは
インプラント成功のルール
アンチエイジング ペリオ インプラント センター
voice  あなたの声を聞かせてください。インプラントドクターズは医療機関とあなたをつなぐフォーラムです。
用語集 分からない言葉はこれで解決!!
CHILD DOCTOR - チャイルドドクター