インプラント総合情報サイト-インプラントドクターズ-

  • HOME
  • インプラントドクターズとは
  • PICK UP DOCTORS
  • SPECIAL
  • Q&A
  • CONTACT

HOME > SPECIAL[特集] > 「インプラントにしたい」と思ったときが最適のタイミング

SPECIAL[特集]

special03  歯科レーザー学会理事/アンチエイジング歯科学会理事 津田 忠政先生

「インプラントにしたい」と思ったときが最適のタイミング〜手術当日から入れ歯なしで物を噛める手術も〜

インプラント治療で自分の歯に近い噛み心地を再現可能に

インプラント治療にはさまざまな長所がありますが、最大の利点は、物を噛んだときに入れ歯よりも、自分の歯に近い噛み心地を得られることでしょう。 これはインプラントの手術を行うときに人工歯根を顎の骨に埋め込んでから人工の歯をかぶせるので、歯がしっかりと根元から固定されているためです。 インプラントで作った歯は大変丈夫で、歯列矯正をするときに、ブラケットとワイヤーを装着するときの両端にアンカーという固定した歯のかわりとして使われることがあるほどです。

またインプラント手術では、顎の骨に人工歯根を埋め込むため「私は骨粗しょう症なのでインプラントは無理でしょうか?」とご相談される方がいらっしゃいますが、ほとんどの場合心配はありません。最近は骨粗しょう症の治療を行っている方でも、インプラント治療を行えるようになりました。 ただし特定の全身的疾患がある場合をはじめ、患者さんの健康状態によっては残念ながらインプラント手術が適していない場合もあります。そこで現在他の病気で通院中の方の場合は、あらかじめ歯科医師にご相談ください。

「インプラントにしたい」と思ったときが最も治療に適したタイミング

たまに「インプラントにするには何歳ぐらいが適していますか」という質問を受けますが、ご本人がインプラントにしたいと思ったときに手術を行うのがベストと思います。 実際に当院でインプラント手術を受けた方は20代から70代と年齢層も実にさまざまです。

またせっかくだから最新のインプラント手術を受けたいと思う一方、インプラントに使用される素材や技術などの進歩は著しく、手術のタイミングを見極めるのは難しいとおっしゃる方もいらっしゃいます。しかしインプラントの治療タイミングを見極めるのは、目まぐるしいサイクルで最新型の機種が発売される電化製品やパソコンを買うタイミングと似ていると思います。いくら最新型の電化製品やパソコンが世の中にあっても、自分で購入しない限りは使用することができません。同じように優れたインプラントの技術を持った歯科医師が近くにいても、ご自分で治療を受けない限りはインプラントの恩恵を受けることはできません。そこでご自分で「インプラントにしたい」というニーズがあるときに手術を受けるのが、最も治療に適したタイミングだと思います。
インプラント手術を受けるときに、どの歯科医師の治療を受けるかということはとても大切なことです。まず重要なのは「しっかりと技術を習得した先生を選ぶこと」です。そのためには近所の方や友人知人の方でインプラント手術の経験がある方がいらっしゃる場合は、その方から評判を聞いたり紹介をしてもらうのもよいでしょう。 まず手術を行う前に、必ず歯科医師と直接お話しをして診療姿勢や治療方針を伺い、治療内容について十分納得してから、治療を受けるようにすることが大切です。

また歯科と聞くと「痛い」「怖い」などマイナスのイメージを持っている人が少なくないと思います。しかし不安や恐怖感で緊張すると、知らない間に全身に力が入ってしまい、結局患者さんがより強い痛みを感じることになってしまいます。
そこで当院では、患者さんの恐怖感を取り除いてリラックスした状態になっていただくことを心がけています。また歯科医院の治療は痛いというイメージが払拭できないのが現状ですが、当院では笑気麻酔器も設置しているので、注射器を用いずに麻酔を行うことも可能です。

「ワンデイインプラント」なら手術当日から入れ歯なしで物を噛める

今までのインプラント治療は、手術を少なくとも2回にわけて行う必要があり、治療が完了するまで少なくとも数ヶ月はかかるのが難点でした。これは歯のない部分に人工歯根を顎の骨に埋め、数ヶ月後に人工歯根がしっかりとしてから人工の歯を装着するためです。
しかし現在は「ワンデイインプラント」という1日で手術が完了する方法もあります。 ワンデイインプラントでは、インプラント体を埋めたその日に仮の歯を固定するので、手術当日の夕方には、軽い食事であれば入れ歯を使わずに召し上がれるようになります。そのため手術回数も1回ですむのも大きな特徴です。

ただしすべての患者さんにとって必ずしもこの方法が最適というわけではありません。そこで最適な治療法を行うためには、CTスキャンをはじめとする事前の検査が重要になってきます。そして検査の結果や咬み合わせや口腔の状態によっては、インプラント以外の方法をお勧めすることがあります。

インプラント治療後のケアが不十分だと、再び歯の機能が失うことも

インプラント手術後は、きちんとしたアフターケアを行えば長い間ほぼ自分の歯と同じように使用することができます。しかしせっかくそれなりの時間と費用を費やしてインプラントを行っても、その後のケアが不十分であれば、再び歯の機能が失われてしまうこともあることを熟知してください。インプラント治療後は、毎日のcare(ケア)と治療の必要性がわかったら早めのcure(キュア=治療する)のが大切なのです。

そのためには、まず毎食後の歯磨きで口内に残った食べ物のカスをしっかりと落とし、口腔内をいつも清潔な状態に保つことが不可欠です。毎日の歯磨きは、健康な歯をキープするための第一歩ですが、きちんと歯磨きができている人は意外と少ないので、定期的に歯科医院でクリーニングをしてもらいセルフケアの指導を受けるようにしましょう。
定期検診を受ける頻度は、患者さんの状態によって異なるので一概に言えないので、担当医と相談する必要が在ります。

ワールドシティーデンタルクリニック
住所:〒 108-0075 東京都港区港南4-6-7-302
TEL: 03-5783-8011
営業時間:平日10:00〜19:30/土曜10:00〜12:30
定休日:日曜、祝日
カード:可
アクセス:銀座線 青山一丁目駅・外苑前駅 徒歩3分

BACKNUMBER

インプラント治療とは
インプラント成功のルール
アンチエイジング ペリオ インプラント センター
voice  あなたの声を聞かせてください。インプラントドクターズは医療機関とあなたをつなぐフォーラムです。
用語集 分からない言葉はこれで解決!!
CHILD DOCTOR - チャイルドドクター